スキップしてメイン コンテンツに移動

Asphalt 9: Legends は絶対にプレイするべきレーシングゲーム

どうも!
iOS、Android、Windows 10にて配信されていたレーシングゲームタイトルが、何と本日から、Nintendo Switchにも来てしまいました!

Asphalt 9: Legends

Asphaltシリーズはゲームロフトの代表的なレーシングゲーム作品で、携帯端末を中心にこれまで様々なタイトルが出されて来ました。
フィーチャーフォンアプリの頃からプレイしていた俺はこのシリーズのファンで、Nintendo 3DSの「Asphalt 3D」もとても楽しみましたが、スマートフォンは持っていない為に、スマートフォン向けに出されていたタイトルはプレイする機会が無かったんですね。
そんな中、Nintendo Switch向けにも出されたこの9Legends。
プレイしない道理が有りません!

実在するスポーツカーで飛んだり轢いたりニトロでぶっ飛ばしたりする爽快なレーシングゲームなのは相変わらずですが、360°スピンが良い味を出してて面白いですね。
ドリフトボタンを素早く2回連続で入力する事で車をくるっと回転させ、ニトロゲージを大幅に増やすと言うシステムで、単純にニトロで超加速する機会を得られるんですが、ドリフトの系統であるが故にスピン自体は減速行為で、無闇に回ると次々追い越されて行き、更に本作のニトロはこれまで俺がプレイして来たシリーズから比べればそれ程脅威では無い(然しかなり重要なシステムである事に変わりは無い)ので、使うタイミングを考える必要性が高いです。
このバランスが絶妙で、シリーズの中でもかなり楽しいゲームになっている印象ですね。
CPUの強さも丁度良く、オンラインプレイはNintendo Switch Onlineに加入する必要無し、無料で配信されていてゲーム内の課金要素はあるものの一切課金しなくてもゲーム内の全てのコンテンツを解放する事が出来るデザインである事も踏まえると、今年最も誰もが気軽にプレイ出来るNintendo Switchの素晴らしいレーシングゲームタイトルと言えるのでは無いでしょうか。
グラフィックスは元から素晴らしく、サウンドトラックも質の高いライセンス曲が揃っており、収録されている車の数も豊富なので、興味のある方は是非ともプレイして下さい!
ゲームロフトの素晴らしい仕事に感謝感激です。

コメント

このブログの人気の投稿

音楽で元気を:紅白 ~歌の祭典 2018~

どうも!
音楽のコーナー、今年の締めくくりは紅白記事です!
男性ヴォーカル22組、女性ヴォーカル22組、計44組分の曲をお楽しみ下さい。
順番と構成は今年の紅白歌合戦を参考にしていますが、アーティストの被りはほぼありません。
そう、今年は「ほぼ」被っていないんです。
一部被ってる人が…?
と言う訳で、どうぞ!
なお、普段の音楽のコーナーでは曲名でリンクを載せていますが、紅白記事ではアーティスト名で載せます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Da-iCE | 이엑스아이디 | Michael Jackson | Dara Bubamara | Troye Sivan

Halsey | In Flames | Violet UK | 소녀시대 | Adam Tensta | Cyhra

Lady Gaga | trf | Trevor Moran | Boyz II Men | Marina Kaye | Namika

Backstreet Boys | Diggy-MO' | Ciara | Madonna | Justin Bieber | 魏晨

Jennifer Lopez | Sam Smith | Heyley Westenra | ERRA | 蔡依林

Tinchy Stryder ft. N-Dubz | Paramore | Selena Gomez | Hollywood Undead

RURUTIA | w-inds. | Tata Young | Rihanna | BON JOVI | ТАТУ | Jaden Smith

Alex Vargas | Enya | Il Volo | Justin Timberlake | 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


如何でしたでしょうか。
そう、今年の紅白歌合戦と被っていたのは… YOSHIKIでした!
まあ、Violet UKとしては出場しないんですけどね。(出る訳が無い?)
音楽のコーナーは来年ももりもり更新して行くので、お楽しみ頂けたら幸いです。
以上、歌の祭典2018でした。

夜幻のゲームレビュー:グノーシア

どうも!
ゲームレビューのコーナーです。
今回は先日PlayStation VitaでDL配信された人狼シミュレーションゲーム「グノーシア」のレビューを書きます。
PVはこちら → ゲーム紹介映像


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「グノーシア」レビュー☆


○良い点○
・第三の性別が存在する このゲームの人物設定では男性女性以外の第三の性別が存在し、主人公もいずれかを選択出来る。こう言うゲームは珍しい。
・チュートリアルが丁寧 序盤はチュートリアル戦を幾つかこなす事になるが、そのチュートリアルが丁寧で解り易く、人狼初心者でも安心してプレイ出来るだろう。実際俺は人狼初心者だが、すっかり慣れてしまっている。
・ストーリーが進むと配役を自由に設定出来る様になる ここから人狼シミュレーターが本領を発揮する。 また、ストーリー進行上キャラクターのイベントを回収して行く必要があるが、イベントサーチコマンドでイベントの発生し易い条件を提示してくれるのでイベント回収は苦労しない。
・イベント イベントの描写も丁寧で、濃密なストーリー体験を提供してくれている。
・多彩なキャラクター キャラクターは外見・性別・性格それぞれ様々だが、能力パラメーターもそれぞれ個性的であり、緊張感ある人狼体験を生み出している。 緊張感ある人狼体験とは何ぞや?と思う人も居るかも知れないが、簡単に言うと、同じ展開は二度と起きない。 因みに、キャラクターの能力パラメーターはイベントを回収して行くにつれ上昇して行くので、主人公の能力パラメーターが伸びた所で状況は大して変わらない。
・サウンドデザイン 完璧。
・ボイス無し テキスト表示だけで進んで行く為、1プレイがサクッと出来る。 そして、ボイスが無いと言う事はキャラクターの感情の動きをイラストで丁寧に描く必要が有る訳だが、イラストも素晴らしく、キャラクターの喜怒哀楽を完璧に描いている。
◇◆◇◆
△惜しい点△
・AC主義者でのプレイが難しい 実際の人狼でもそうなのかは解らないが、グノーシア(人狼)を支持する立場のAC主義者は、その立場であるにもかかわらず誰がグノーシアかを判別出来ず、またグノーシアからも判別されない為、他の立場と比べてかなり難易度が高く感じる。 能力パラメーターの割り振り方次第ではそれなりにこなせるのかも知れないが、AC主義者特有の何かが欲しかった。
◇…

MY BEST MUSIC OF ALL TIME

どうも!
昨年2月にBEST MUSIC IMOを纏めてから1年とちょっと経ちましたが、あれ以降も様々な音楽を聴いて来て、今の自分にとってのベストと言える音楽のラインアップが結構変わりました。
今回はその、現在の個人的ベスト音楽を紹介します。
曲数は全く同じ14曲ですが、以前から変わらないベスト音楽は4曲のみです。
どうぞお楽しみ下さいませ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Underground | Runnin' | Wenn sie kommen | Vice Versa | fullmoon

Dreamcatcher | GOD SONG | Girl Gone Wild | Life Goes On

dragons' dance | 絵空箏 | Different | ラビリンス

To The Moon & Back
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


様々な音楽を聴き続けていると、ちょっとずつ好みが変わって行きますが、1年とちょっとでこうも変わっていると言うのは自分でも驚きです。
皆さんも様々な音楽を聴いて下さいね。
No Music, No Life!
と言う訳で、ベストミュージックでした。