スキップしてメイン コンテンツに移動

夜幻のゲームレビュー:SAMURAI SPIRITS

どうも!
ゲームレビューのコーナーです。
今回は、SNKが昨年発売した2D対戦型格闘ゲーム作品「SAMURAI SPIRITS」のNintendo Switch版のレビューを書きます。
トレーラームービーはSwitch版のものと他機種版のものを載せます。
SAMURAI SPIRITS ー Trailer 2 (残虐描写有り)


✧✦✧✦✧✦✧✦✧✦
「SAMURAI SPIRITS」レビュー (Switch版)


☆良い点☆

1:グラフィックス
  現代らしい美しさと、世界観に忠実なエフェクトを兼ね備えた驚異的なビジュアル。
Switch版はHUD等が多少ぼやけているが、それ程気にはならない。

2:優れたデザインと演出
  シリーズお馴染みの、細部まで拘られているキャラクターデザインや、斬撃に合わせて舞う光、花、花札、恋人の影等の特徴的な攻撃演出、和を強調したメニュー画面やストーリーモードの演出等、本作は見た目からプレイヤーを魅了する。

3:サウンド
  SEは手堅く、声優は一流の仕事をしている。
サウンドトラックは旧SNK時代の良さを残しながら現代のクオリティーに仕上げており、メニュー画面の「疾風怒濤」や主題歌の「Revive the Soul」を始め、印象的かつ質の高い和風の楽曲を揃えている。

4:読み合いと差し合いに重きを置きつつ、一撃必殺の緊張感を有した格闘デザイン
  複雑な連続技を要さない、一撃の重みを感じられるシリーズお馴染みの格闘は、格闘ゲーム初心者にとっては非常に解り易く、入り易いが、全ての攻撃に相応の隙が存在する為、極めるには奥が深く、上級者も満足出来るゲームである。
とは言え、システムは全体的にシリーズの中でもシンプルに纏められているので、どちらかと言えば初心者に配慮したデザインだと言える。

5:残虐描写
  シリーズの中では比較的マイルドな表現に落ち着いてはいるが、やはりゴアや切断は世界観を象徴する素晴らしい要素である。
ただ、そう言った描写が苦手な人でも、オプションから残虐描写をオフにする事が出来るので安心して欲しい。


✧✦✧✦


★悪い点★

1:物足りないシングルプレイコンテンツ
  ストーリーモード(シンプルなアーケードモード)にフリーバトル、タイムアタック、サバイバル、全キャラ相手の勝ち抜きバトルと最低限揃っているが、それだけだ。
特にストーリーモードは、フルボイスではあるが古典的なアーケードモードに忠実であり、ラスボスはバックストーリーが全く描かれておらず、非常に簡素な内容でしか無い。
演出面は力が入っていて見事ではあるのだが、それ故に薄味なストーリーが勿体無い。
コレクション要素も一応備えてはいるが、それも最低限のものしか無い。
もっと様々なアートワークが収録されていれば良かった。

2:あまり意味の無いゴーストバトル
  プレイヤーのバトル内容を記録してAIが自動学習し、プレイヤーの分身を生み出すゴースト機能が実装されている。
PlayStation Portable用格闘ゲーム「家庭教師ヒットマンREBORN! バトルアリーナ2 スピリットバースト」にも、スピリットカードと言う全く同じ触れ込みのシステムが実装されていたが、PSP時代のスピリットカードと同様、ゴーストは精度が高いとは言えず、プレイヤーの分身と呼ぶには相応しくない代物となっている。
難易度の調整が素晴らしい普通のCPUを相手にしているだけでも全く退屈しないゲームなので、わざわざ用意する程のものでは無い。
ただ、挑戦した事自体は素晴らしい。

3:ボイスギャラリーの一部バグ
  アナウンスボイスの、ステージ名読み上げボイスの一部にバグが見られる。
アップデートで修正されれば良いが。

4:ロード時間
  筆者は1分近くかかるレベルで無い限りは然程ロード時間は気にならないタイプだが、ストーリーモードの、バトル前に毎度発生する15秒〜20秒程度のロード時間は、気になる人は気になるだろう。

5:DLC
  追加キャラクターが一人600円。
シーズンパスを買うと多少お得になるが、ソフト単体で7,000円かかる為、コストパフォーマンスは悪い。


✧✦✧✦


☆総評★
  昨年になって久々に発売されたシリーズ最新作は、それまでのシリーズ作品の良い部分を取り入れ、カジュアル寄りのバランスに仕上がっている。
然し極めるとなると相変わらずシビアであり、シリーズの魅力を全く損なっていない。
格闘以外はあまりにも無難に纏まり過ぎていて、ボリューム不足は否めないし、昨今の格闘ゲームのDLC要素には良い加減うんざりするが、あなたがSAMURAI SPIRITSシリーズのファンであるか、或いは格闘ゲームに興味があってスタートが難しくないタイトルを探している人であるなら、買って損する事は無いだろう。
素晴らしい演出と音楽、残酷で刺激的な剣劇は、必ずあなたを魅了してくれる筈だ。
本作は正に、Revive the Soul
蘇りし侍の魂である。
✧✦✧✦✧✦✧✦✧✦


✯「SAMURAI SPIRITS」レビュースコア (各項目10点満点)✯

グラフィックス:8.5/10
サウンド:9/10
ストーリー:6.5/10
バリュー:7.5/10
リプレイ性:7/10
トータル:8.2/10

コメント

このブログの人気の投稿

夜幻のゲームレビュー:JUMP FORCE DELUXE EDITION

どうも! ゲームレビューのコーナーです。 今回は、Nintendo Switch向けに発売された、バンダイナムコエンターテインメントの3D対戦アクションゲーム作品「JUMP FORCE DELUXE EDITION」のレビューを書きます。 PVはこちら→  Nintendo Switch(TM)「JUMP FORCE デラックスエディション」 第2弾PV では本題行きます。 ✧✦✧✦✧✦✧✦✧✦ 「JUMP FORCE DELUXE EDITION」レビュー ☆良い点☆ 1:グラフィックス (キャラクター以外)   現実世界と漫画世界の融合と言うコンセプトで設計されているステージはよく作り込まれており、光源処理も違和感が無い。 2:アバターカスタマイズ   本作はオリジナルの主人公を作成する機能が有る。 体型の調節は最低限の事しか出来ないが、左右の目の個別編集やヘアカラーとメッシュカラーのバランスの調整等、他ではあまり見ないカスタマイズ機能が有り、独自の自由度を生み出している。 3:爽快な戦闘アクション   強弱の分かれた通常技やキャラクターの特徴的な固有技等の基本的な要素を押さえつつ、ダッシュゲージを絡めた行動の自由度と駆け引きによって独特な爽快感を齎している。 ドラゴンボールの様な瞬間移動とダッシュを全員行うのは違和感を覚えるが、それを共通システムにしている事で、前作「J-STARS VICTORY VS. 」よりは纏まったキャラクターバランスを実現している。 4:華やかな攻撃エフェクト   かめはめ波や霊丸等の飛び道具や、志々雄の刀に纏った炎等の様々な攻撃エフェクトは華やかで、見ていて飽きない。 アークシステムワークス開発の「DRAGON BALL FighterZ 」では何故か緑色になっていたセルのバリアもきちんと紫色であり、そして綺麗である。 ✧✦✧✦ ★悪い点★ 1:キャラクターグラフィック   リアル調にする事が必ずしも悪いと言う事では無いが、全体の質感や硬いフェイシャルモーションによってアクションフィギュアにしか見えず、まるで「ガンダムブレイカー」をやらされている気分になる。 また、「僕のヒーローアカデミア」や「HUNTER X HUNTER」等、元の絵がアニメチックな作品のキャラクターとの相性が悪く、些か不自然に見える。 た

夜幻の格ゲー話:好きなキャラクターのTOP10を男女別にまとめてみた

どうも! 格ゲー話のコーナーです。 今回は、好きな格闘ゲームのキャラクターの男女別TOP10を改めて纏めてみました。 因みに、俺が格闘ゲームにおいてキャラクターの好き嫌いを判断する上で最も重要視しているのは、容姿・声・アクションの3つです。 そう言った部分に注目してお楽しみ下さい。 では行きますよ。 ✧✦✧✦✧✦✧✦✧✦ ☆MY TOP 10 FAVORITE MALE CHARACTERS OF FIGHTING GAMES ☆ 第10位: Bob  / 「鉄拳」シリーズ 第9位: Necro  / 「STREET FIGHTER」シリーズ 第8位: 天草四郎時貞  / 「サムライスピリッツ」シリーズ 第7位: Gill  / 「STREET FIGHTER」シリーズ 第6位: Galford D. Weller  / 「サムライスピリッツ」シリーズ 第5位: Rugal Bernstain  / 「THE KING OF FIGHTERS」シリーズ 第4位: 首斬り破沙羅  / 「サムライスピリッツ」シリーズ 第3位: 豪鬼  / 「STREET FIGHTER 」シリーズ 第2位: リュウ・ハヤブサ  / 「DEAD OR ALIVE 」シリーズ 第1位: Terry Bogard  / 「餓狼伝説」シリーズ, 「THE KING OF FIGHTERS」シリーズ ✧✦✧✦ ☆MY TOP 10 FAVORITE FEMALE CHARACTERS OF FIGHTING GAMES☆ 第10位: 北条虎美  / 「あすか120%」シリーズ 第9位: 風間準  / 「鉄拳」シリーズ 第8位: Charlotte Christine Colde  / 「サムライスピリッツ」シリーズ 第7位: Rachel  / 「DEAD OR ALIVE」シリーズ 第6位: 久子  / 「Killer Instinct」シリーズ 第5位: Tina Armstrong  / 「DEAD OR ALIVE」シリーズ 第4位: Shermie  / 「THE KING OF FIGHTERS」シリーズ 第3位: Vanessa  / 「THE KING OF FIGHTERS」シリーズ 第2位: ヒトミ  / 「DEAD OR ALIVE」シリーズ 第1位: 紅葉  / 「DEA

音楽で元気を:紅白 ~歌の祭典 2018~

どうも! 音楽のコーナー、今年の締めくくりは紅白記事です! 男性ヴォーカル22組、女性ヴォーカル22組、計44組分の曲をお楽しみ下さい。 順番と構成は今年の紅白歌合戦を参考にしていますが、アーティストの被りはほぼありません。 そう、今年は「ほぼ」被っていないんです。 一部被ってる人が…? と言う訳で、どうぞ! なお、普段の音楽のコーナーでは曲名でリンクを載せていますが、紅白記事ではアーティスト名で載せます。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ Da-iCE  |  이엑스아이디  |  Michael Jackson  |  Dara Bubamara  |  Troye Sivan Halsey  |  In Flames  |  Violet UK  |  소녀시대  |  Adam Tensta  |  Cyhra Lady Gaga  |  trf  |  Trevor Moran  |  Boyz II Men  |  Marina Kaye  |  Namika Backstreet Boys  |  Diggy-MO'  |  Ciara  |  Madonna  |  Justin Bieber  |  魏晨 Jennifer Lopez  |  Sam Smith  |  Heyley Westenra  |  ERRA  |  蔡依林 Tinchy Stryder ft. N-Dubz  |  Paramore  |  Selena Gomez  |  Hollywood Undead RURUTIA  |  w-inds.  |  Tata Young  |  Rihanna  |  BON JOVI  |  ТАТУ  |  Jaden Smith Alex Vargas  |  Enya  |  Il Volo  |  Justin Timberlake  |  姫 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 如何でしたでしょうか。 そう、今年の紅白歌合戦と被っていたのは… YOSHIKIでした! まあ、Violet UKとしては出場しないんですけどね。(出る訳が無い?) 音楽のコーナーは来年ももりもり更新して行くので、お楽しみ頂けたら幸いです。 以上、歌の祭典2018でした。 Go to next